心と体

有機野菜と安全性

昨日のガイアの夜明け(2/19)有機野菜を身近に~食の安全に挑む新ビジネス~をやっていました。


その中で気になったのは、「有機野菜」=「安心・安全・品質が高い」というキーワード。
純粋に、「なんで、有機野菜で人工的な農薬を使わないと、安全で品質が高いのか?と言う部分が私には良く分かりませんでした。
手間がかかるのは分かったんですが。

また、今日ブログで書こうとして「有機野菜」をGoogleで検索すると明確に有機野菜を否定するサイトが、オイシックスの次に出てきたり。


健康って難しいですよね。

ちなみに、個人的な見解を書くと、「有機野菜」=「安心・安全・品質が高い」と言うのは簡単な思考停止だと思います。
また、農薬が体に悪いと言うのも程度の問題で、現代の日本で使用されている農薬については、継続的に摂取しても、80歳くらいまでは平気で生きられるのであれば、それは十分、『安全』の範疇に入るのではないかな、と思います。
それ以上、寿命が延びてどうするんだ、と言う話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーシック手術が気にかかる。

以前からレーシック手術は知っていたのですが、職場の同僚が「品川近視クリニック」で施術を受け、視力が回復したと言うので、再度調べてみました。
紹介された品川近視クリニックは、かなり評判(色々な意味で)でしたね。

現在、私が考えている選択肢は以下。

  1. 品川近視クリニックで手術を受ける。
    • 症例数はずば抜けて多い。
    • 18万円。
    • ただし、症例数が多い中で98%の回復例という確立であるため、レーシックで視力が回復しなかった例も絶対数が多い(ハズ)
    • よって、掲示板などでは不満が多い(多く見える)
    • うまく回復しなかった時の対応は悪いらしい。
    • イントラ・レーシック。
    • SEOやっているのか、やたらリンクが目に付く。
  2. 神奈川クリニック眼科で手術を受ける。
    • 24万円。
    • 一応不満は少ないが、絶対数の問題と思われる。
    • 品川近視クリニックと同じで、問題があった場合の対応が悪いという評判もあった。
    • イントラ・レーシック。
    • SEOやっているのか、やたらリンクが目に付く。
  3. 吉野眼科クリニックで手術を受ける。
    • 40~55万円。
    • 丁寧なインフォームドコンセプトが売り。
    • 1.,2.の施術でドライアイなどに悩んだ人が、最終的にココに来て別の施術を受けている書き込みあり。
    • イントラ・レーシックは、やっていない。明らかに否定的。
  4. レーシック手術を受けない。

迷います。
吉野眼科クリニックの手術料が、少なくとも20万円クラスであれば、踏ん切りがついたのかも知れませんが・・・・
ちなみに、レーシック手術についてはこんな感じでくくっておけば良いのかな?

  • レーシック手術を受けるとほぼ、視力が良くなる。(98%以上?)
  • 2%は良くならない可能性がある。
  • 上記とは別にドライアイや炎症などの後遺症が発生する可能性がある。
  • 技術的には最新だが、まだ10年・20年スパンで症例がチェックされた事は無い。

なんかネガティブな事ばかり書きましたが、私自身としては例えば病気になって手術する時でも、簡単な治療ミスや院内感染などで死んでしまったりする可能性があり、(当然2%よりは全然低いとはお思います)それと同程度で、考え現在の病状を治すには有効な治療法だと思いました。

もう少し検討して、情報を集めたとしても結局は、その%の中に飛び込んで行くしかないわけですからね。
お金があれば、やっぱり吉野眼科クリニックにかかりたい気がしますけど。
でも、現時点の日本で症例数が増えているのは、イントラ・レーシックだしなぁ・・・・

よく分かんないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

花粉症の治し方

私は以前、非常に激しい花粉症でした。
症状は

  • 朝、目やにで目が開かない。
  • 日中は鼻水(水っぱな)が出続ける。
  • 微熱が出る。
  • 頭痛がする。
  • 目が充血し、ソフトコンタクトレンズが付けられなくなる。

花粉症が発病したのが、大学在学中。その後、10年以上付き合ってきました。
しかし、一昨年TBSのPodcasr954のストリームで知った「勝谷誠彦」さんのさるさる日記(現在は有料に変わったため、リンクが切れるかも知れません)で知った、減感作療法を試したんです。

神宮前耳鼻科 クリニック

そして、通院すること1年、去年の春に結果が出たのですが、その結果は見事に花粉症が治っていました。

その治療とは。

  • まず、どの花粉についてアレルギーがあるのか血液検査。
  • 1種類のみのアレルギーの場合、治療可能。
  • アレルギー対象の花粉を1万分の1まで希釈したものを血液に注射する。
  • 上記を最初の半年程度は2週間に1回。
  • その後は、1ヶ月に1回で、続ける。
  • 注射は、死ぬまで永遠に行う必要がある。
  • 注射を止めた場合、体質が元に戻り花粉症が再発する。
  • 1回の注射は、健康保険有りで\700程度。

と言う、なかなか制限が多いものです。
しかし、この治療法も今では2年目に突入。注射もキチンと続けています。
何より、あの花粉症の状況に戻るのは嫌ですからね。

と、なぜ今になってこんな事を書くかというと、今レーシックを検討しているんですよね。
それで、こんな事を思い出していました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)