« e-mobile ADSLモデム受難記2 | トップページ | EMOBILEの表記って? »

e-mobile ADSLモデム受難記3(失敗例:最終回)

e-mobileモデムとの悪戦苦闘のメモ
2007/09/09の日記で、成功例を投稿しましたが、この日記は成功例までにいたるまでの失敗事例を挙げておきます。
一応、その対応策も書いておきますが、モデムの設定で苦闘している方(かつ私の成功例でも接続できない方)は、なるべくこの事象以外の事を試されるのが良いと思います。

なお、下記記述はただし書きが無い限り「初期状態」からの設定値変更作業となります。

【失敗例】

  1. TE4571EのDHCPサーバー機能をOFFにする。
    ⇒事象:WHR-G54のWAN側IPアドレスが「取得中」のまま、変化しなくなる。
    ⇒結果:失敗
    ⇒復帰方法:設定を戻す。
  2. 1. の状態で、WHR-G54のIPアドレスを、TE4571Eのセグメント上にあるように、「192.168.0.10」に変更する。また、WHR-G54 のDHCPサーバーのリースIPをTE4571Eのセグメント上にする。(同じセグメントなら、IPアドレスの取得が成功するかと予想)
    ⇒事象:WHR-G54のWAN側IPアドレスが「取得中」のまま、変化しなくなる。
    ⇒結果:失敗
    ⇒復帰方法:設定を戻す。
  3. 2.の状態で、TE4571EからWHR-G54へのケーブルをWANポートからLANポートに変更する。(なんとなく)
    ⇒事象:WHR-G54のWAN側IPアドレスが「取得中」のまま、変化しなくなる。
    ⇒結果:失敗
    ⇒復帰方法:設定を戻す。
  4. 「初期状態」から、WHR-G54のDHCPサーバー機能を無効にする。
    ⇒事象:WHR-G54はWAN側IPアドレスを取得。WHR-G54以下のクライアントPCがIPアドレスを取得できなくなる。
    ⇒結果:失敗
    ⇒復帰方法:設定を戻す。(ただし、設定変更PCのIPアドレスを自分で指定して、WHR-G54のセグメントにしなければならないので、Vistaの場合、ハマル)
  5. 「初期状態」から、TE4571EからWHR-G54へのケーブルをWANポートからLANポートに変更する。(なんとなく)
    ⇒事象:WHR-G54のWAN側IPアドレスが「取得中」のまま、変化しなくなる。
    ⇒結果:失敗(無駄だった)
    ⇒復帰方法:設定を戻す。

 <結果まとめ>

  • TE4571EのDHCPサーバーを無効にしてしまうと、WHR-G54からTE4571Eが見れなくなる・・・?
  • TE4571EのDHCPサーバーを有効にして、WHR-G54のセグメントをTE4571Eにあわせていけば、うまく行くかも・・・?実証する気力なし。
  • WHR-G54をただのハブとして動作させる方法は、よく分からず。(上記の方法かも)

Powered by ScribeFire.

|

« e-mobile ADSLモデム受難記2 | トップページ | EMOBILEの表記って? »

EMOBILE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/450247/7868410

この記事へのトラックバック一覧です: e-mobile ADSLモデム受難記3(失敗例:最終回):

« e-mobile ADSLモデム受難記2 | トップページ | EMOBILEの表記って? »